転職活動 基本的な流れ・進め方

目次

はじめに

この記事では転職活動を「事前準備」「情報収集」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・引き継ぎ」の5ステップに分けて、それぞれのポイントを解説していきます。
転職活動を成功させるためには、転職活動全体の進め方や流れ、スケジュールを把握して、しっかりと準備することが大切です。
転職活動にかかる期間は平均で2~3カ月くらいかかることが一般的です。

STEP1 事前準備(1週間)

転職活動の最初のステップは「事前準備」

転職する目的の整理、転職時に企業にアピールできるスキルや経験の棚卸し、そして転職活動全体のスケジュールを決めましょう、
このタイミングでしっかりと転職目的を整理し、スキルや経験の棚卸しをしておくことで、応募企業の選定に明確な軸ができ、書類作成もスムーズになります。

STEP2 情報収集(1週間)

情報収集は転職活動において2つの大きな意味を持っています。

1つ目は自分のキャリアの可能性を広げるため。業界・業種、職種を最初から絞ってしまうと、自分にぴったりの求人を見逃してしまう可能性があります。

転職活動はスキルや経験を活かして、まだ見ぬ可能性を発見するチャンスと捉え、気になる求人情報があれば積極的にチェックしてみましょう。

2つ目は自分の市場価値、適正な年収を見極めるため。

高望みをしすぎるといつまでたっても内定を勝ち取れないということになりかねませんし、あまりにハードルを下げすぎると転職後の後悔につながります。

できるだけ多くの求人情報と自分のキャリアを照らし合わせて、自分が求人市場でどの程度の評価を得られるのかを把握することが大切です。

その際にはとりあえず転職エージェントを利用し、市場のプロに相談してみることも重要です。なお転職エージェントは基本無料で利用できるので、使えるものは使っていきましょう。

STEP3 書類作成・応募(2週間)

いよいよ履歴書や職務経歴書などの書類を作成して、応募をします。

書類を作成するときに重要なのは、形式を整え、限られたスペースにアピールポイントを整理して記入すること。

採用担当者はすべての応募書類を熟読できるわけではありません。短時間で自分を雇うことのメリットが伝わるように工夫する必要があります。

STEP4 面接(1カ月)

次のステップは転職活動のメインともいえる「面接」です。

面接突破のカギは徹底した事前準備。

転職活動における面接は新卒時とは異なり、どの企業でも同じような質問が来るケースが多いです。

「自己紹介・自己PR」「転職理由についての質問」「志望動機についての質問」「活かせる経験・実績・スキルについての質問」「逆質問(面接官への質問)」です。

また、面接自体の練習をすることも大切です。

エージェント等を利用して面接練習をしましょう。

STEP5 内定・退職・引き継ぎ(1カ月)

内定の獲得が転職活動の終わりではありません。まだ、入社意思の伝達と、現職での退職手続き・引き継ぎが残っています。入社意思の伝達は、通常、1週間程度が締め切りになります。複数の企業で選考が進んでいる場合は、志望度を整理し、上手に調整する必要があるでしょう。

また、退職手続きと引き継ぎがうまくいかないと、現在の職場での人間関係にトラブルを抱えてしまったり、有休の消化ができなかったり、最悪の場合、新しい職場への入社日を遅らせなければならなくなってしまうケースもあります。マナーを守り、最終出社日までしっかりと業務を遂行することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる